菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

彫刻 倶利伽羅龍 〈粗取り〉

彫刻 倶利伽羅龍 〈粗取り〉

 

夜なべで制作中の作品、

倶利伽羅龍の粘土原型が完成し
粗取りに入りました。

材はクスノキです。

図面を写し、

大きく取れる部分を
鋸で落とします。

 

井波では機械でパパッと落としていたので

今更ながら機械の有り難みに気付きました…

(ですが鋸の方が断然おが屑が出ず材料がムダにならない、ことにも気付く)

 

↑大まかに粗取りを終えました。

さすがに汗びっしょりです…

粘土原型をみながら

粗彫りに入ります。

四角く取っていくのではなく

斜めに取っていく、

とご指導頂きます。

少しずつ龍の形になって参りました。

また次回。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

先日、

TBSさんの番組に出演させて頂くという

大変貴重な機会を頂きました。

テレビの収録の現場を体験し、

他の職人さんとお話しし、

良い刺激を頂きました。

個人的には

自分の伝えたいことをもっと的確に伝えられるようにならなければ…

と思いました…。

自分にこのような機会を頂いた関先生に心より感謝申し上げます。

↓ご一緒した皆さんと。

伊勢根付師の 梶浦明日香さん

西陣織職人の  佐々木英人さん
(りんどう屋さん)

同じく西陣織職人の 冨山華菜さん

落語家の  三遊亭じゅうべえさん

皆さん気さくで素敵な方々でした^^

…ちなみに色々な方に聞かれましたが

x japanは本当に好きなんですー
 

1か月

こんにちは。

 

先月まで富山におりましたが

東京に来てはや1ヶ月です。

 

が、今までになく色々な経験をさせて頂き、

若干 頭と体が付いていけてないところもありますが

 

日々、勉強です。

 

今まで1,2か月東京で仕事させていただいたことはありましたが、

今回は半年以上になります。

 

自分の仕事も頑張りつつ、

 

ここでしか見れないもの、

行けないところ、

会えない人に会いに行こうと思います。

 

上に向かって頑張ろう。

 

仙台へ

仙台へ

先日、師匠の関 侊雲 先生が制作された仏像の納品に同行させていただきました。

場所は東日本大震災で甚大な被害を受けた閖上地区近くにあるお寺です。

 

納品された釈迦如来像(本体1尺5寸)

 

 

 

納品された場所はご住職様が震災後に新たに建設された「みんなの寺子屋」という建物です。

 

 

実際に被害に受けた場所に連れて行っていただき、

現状をみて参りました。

 

閖上地区はほとんどはがれきなどは撤去され、新しい道路や家が整備されている場所もありましたが、

お墓、海水の浸みた田畑は手付かずの状態で

「復興にはまだほど遠い」とニュースなどで聞いてはいたものの

まだまだ爪痕が残っていることを目の当たりにしました。

 

 

今回、大きな仕事に関わらせていただき、

ご住職様の想いをお聞きし、

自分がさせて頂いている仕事の

仏師・仏画師という職業、芸術家という職業の意義を改めて考えさせていただく、

大きな機会を頂きました。

 

関先生がいつもおっしゃられている、

 

ひとつも手の抜けない命を懸ける仕事、

 

お医者様に救えない思いをお救いするしごと

 

だということを改めて考える日でした。

 

群馬にて

群馬にて

1週間ほど群馬にてお仕事させて頂いておりました。

詳しいことは載せられないのですが…

彫刻以外の職人さんのもとで色々と
見聞きさせて頂き
とても学びの多い
濃厚な1週間でした。

半分は試行錯誤しながらでしたので…
方法を考えてみて…
試してみて…
失敗して…
またやってみて…
のくりかえしで

昔から伝えられているやり方を
実際にみて、教えていただける、
ということが
どれほど貴重で有り難いことか
改めて痛感致しました…

どんなことでも人からものを教わるというのは簡単なことではなく。

…とにかく今後のために色々と実験せねばです。

ところで
昨日今日は群馬は桜満開でした。

前に見た目黒川の
人でごった返してるのも賑やかで良いですが

田舎の川沿いの桜並木を
ただ一人でみるのも贅沢ですね。