菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

佐原 東関戸区様山車 「龍十八態」

東関戸区様山車 (千葉県香取市佐原)
格天井彫刻「龍十八態」
数年かけて制作致しました、
龍の透かし彫り18枚が完成披露されました。
「天」をテーマに
1枚ずつ星天、一年の四季が題となっております。
佐原の大祭秋祭り(諏訪神社祭礼)
10月7日~9日 曳き廻し予定です。

(素晴らしい記念誌を作って頂きました…)

仏教紙しばい「お釈迦様最後のお食事」ライブ配信のお知らせ

明日9月23日(金)に関侊雲仏所 所員 青木 斉による紙芝居のLIVE配信を行います。
群馬県前橋市 太子山天明寺様で行われる秋彼岸会合同法要において青木斉の仏教紙芝居がおこなわれます。
今回の内容はお釈迦様の最後のお食事についてです。
その様子が天明寺様のYouTubeチャンネルにてLIVE配信されますので、お時間ございましたらどうぞご覧ください。
時間は14時半からの予定です。

【沖天】
天たかく

画仙紙に墨
波龍ですが、
今回は日本的なデザインの波ではなく
リアルに近い水しぶきを墨で描かせて頂きました。

富士と樹海

お盆休みは富士山周り、
河口湖、青木ヶ原樹海にある洞窟など巡りました。

あいにくの天気で富士山はあまり観られませんでしたが
守られるように常に雲に覆われる富士の姿は
ラピュタのようで神々しかったです…。

↑河口湖から

樹海

鳴沢氷穴

コウモリ穴
引きこもっての制作が続いていたので
久々に自然を体感して
よい吸収の時間となりました。

獅吼(新田町屋台欄間)

 

獅吼
(ながの祇園祭 新田町屋台欄間)

獅子は吼え邪を払う

虎嘯(新田町屋台欄間)

虎嘯けば風生ず
(ながの祇園祭  新田町屋台欄間)

制作話。
虎は初めて制作致しましたが
図面に大変時間を費やしました。
昔ながらの日本画風の虎よりは
本物に近づけたい、、
しかし実際の虎に近づけると欄間彫刻としては弱く、
対になる獅子に対峙するには
迫力が負けますので
最終的にこのような形となりました。

龍画 (中啓原画)

富山県射水市  正覚寺様にご依頼頂きまして
中啓の原画を描かせて頂きました。
中啓とは
扇の一種で、浄土真宗の法要儀式にて僧侶が用いる法具です。
仏教に限らず、歌舞伎や能でも使用されます。

実際の中啓には印刷したものを使用し、
原画は額装して下さったとの事。
重要な法要・儀式に用いる法具の画に
自分の龍画を選んで頂けるとは
大変光栄に存じます。

「祥雲龍翔 松老雲閑」板画衝立

「祥雲龍翔 松老雲閑」板画衝立

(板サイズ:約190×120cm)
松に縁のあるお寺様へ、
今年の元旦に間に合うよう描かせて頂きました。

「祥雲龍翔 松老雲閑」はご住職が考えられ、
板裏面に謹書いたしました。
画のみの制作で、
衝立になったところは画像でしか観ていませんので、いつか機会があれば観たいですね。
これほど大きな衝立、他にあるのでしょうか…