菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

虎嘯(新田町屋台欄間)

虎嘯けば風生ず
(ながの祇園祭  新田町屋台欄間)

制作話。
虎は初めて制作致しましたが
図面に大変時間を費やしました。
昔ながらの日本画風の虎よりは
本物に近づけたい、、
しかし実際の虎に近づけると欄間彫刻としては弱く、
対になる獅子に対峙するには
迫力が負けますので
最終的にこのような形となりました。

龍画 (中啓原画)

富山県射水市  正覚寺様にご依頼頂きまして
中啓の原画を描かせて頂きました。
中啓とは
扇の一種で、浄土真宗の法要儀式にて僧侶が用いる法具です。
仏教に限らず、歌舞伎や能でも使用されます。

実際の中啓には印刷したものを使用し、
原画は額装して下さったとの事。
重要な法要・儀式に用いる法具の画に
自分の龍画を選んで頂けるとは
大変光栄に存じます。

「祥雲龍翔 松老雲閑」板画衝立

「祥雲龍翔 松老雲閑」板画衝立

(板サイズ:約190×120cm)
松に縁のあるお寺様へ、
今年の元旦に間に合うよう描かせて頂きました。

「祥雲龍翔 松老雲閑」はご住職が考えられ、
板裏面に謹書いたしました。
画のみの制作で、
衝立になったところは画像でしか観ていませんので、いつか機会があれば観たいですね。
これほど大きな衝立、他にあるのでしょうか…