菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

天井画 奉納

龍の天井画
納品させて頂いた大聖護国寺様にて
取り付けられた天井画を見に行って参りました。
自分の作品が建物の一部、お寺様の歴史の一部になるということ…
なかなか実感が持てませんが
本当に光栄なことです。

法堂にある龍の天井画は
「法の雨を降らせる」と言う意味があり
円は井戸を表します。
こちらは阿彌陀堂内の納骨堂に
納めさせて頂きました。
掌には仏塔を持ち
龍の体が描く円は輪廻転生を
吽形は涅槃、悟りを意味し
三つの円は三業と三密(身口意)を
象徴します。
永代に渡り御遺骨を供養し御守り致しますよう、全霊をもってお祈り致します。
抜苦興楽精魂皆平等令冤霊導浄刹矣
全為先祖累代菩提供養
合掌
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今年も年賀状の季節がやって参りました。
去年に引き続き版画に挑戦です。

阿吽の双龍 納品

 

 

高崎市 大聖護国寺様

 

阿吽とは
阿は宇宙の始まり、
吽は宇宙の終り、

 

 

物事の始まりと終り
仏の教えを求め、悟りをひらく
生々流転、始まって歴史や人生が移り変わっていく様を言います。

 

また魔を祓い
門を守ります。

 

 

庫裏の正面玄関からすぐ見える位置に配置していただきました。

 

数年前よりお話を頂き、
画を設置する場所を作っていただいておりました。

大きさ270㎝×140㎝
和紙、墨絵でこのような大きさは
初めて描かせて頂きました。

 

 

私自身、学ぶことが多く、
大変勉強させて頂きました。

 

 

 

 

大きな挑戦をさせて下さった
大聖護国寺 飯塚様、関先生に深く御礼を申し上げます。

この度、 侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室 第二回 北陸教室展のお知らせ

この度、

侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室の
第二回 北陸教室展を催し致します。

 

会期:平成30年11月22日(木)~11月25日(日)
時間:10:00~17:00(初日は13時~)
会場:新川文化ホール(ミラージュホール)
〒937-0853 富山県魚津市宮津110
展示作品:仏像彫刻 ・ 木彫刻・仏画

入場無料

 侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室の生徒さんや先生方、関侊雲仏所の内弟子による

出展がございますので、仏像彫刻・木彫刻にご興味のある方は、ご家族やご友人を

お誘いの上、連休のお休みを利用してお越し頂ければ幸いです。

 

 

大聖護國寺様 天井画を取付けていただきました。

群馬県高崎市 大聖護國寺様に奉納させていただいた龍の天井画を取付けていただきました。

ご住職様が画像を送ってくださいました。

 

 

天井画を取付けていただいた阿彌陀堂は現在、建設中でまだ完成はしておりません。

大きさは一間×二間で、これほどの大きさの作品は初めて制作させていただきました。

お寺様の一部としてこの先何百年もご住職様、檀家様とともにあるということは誠に光栄なことです。

改めて飯塚ご住職様、師匠の関先生に感謝申し上げます。

阿彌陀堂が完成し、直に天井画を拝見するのが楽しみです。

 

(大聖護國寺)

〒370-0884 群馬県高崎市八幡町675-1

姉弟子の川端さんが大野久芳市長様に書籍を寄贈されました

 

 

関侊雲仏所 所員の川端貴侊が、

故郷の富山県黒部市の大野久芳市長様に、

監修、出版させて頂きました書籍「仏画の描き方」を寄贈致しました。

“これからも黒部市出身の貴女の活躍を願っていますので、

頑張って下さい”と市長様より、光栄にも激励のお言葉を賜りました。

タツノコART展 開催中

タツノコART展 開催中

 

参加させていただいたタツノコプロさん公認コラボアート展、

タツノコART展が開催いたしました。

先日はレセプションパーティーがあり、

様々なアーティストの方々と交流させて頂きました。

普段は現代アートの作品を造られる方と交流する機会がありませんので

新鮮な刺激を頂きました。

 

私はガッチャマンとコラボをさせて頂きました。

「dragon go!」

水墨画/P40号

 

お隣の作品は水墨画家 立川瑛一朗さんの「誰だ」

鋭い筆の線で表現された大鷲の健がとても格好よく素晴らしいです…!

 

デザイナーの荒川リリーさん。かわいらしい絵と陶器で表現されたキャラクターが可愛いです!

リリーさんも気さくでとっても素敵な方でした!

 

 

 

 

また、作品のネット販売もギャラリーHPにてしております。

http://mdpgallery.thebase.in/4

(※一部金額等諸事情により、対象でないアーティストもいます)

 

23日まで開催中です。

帰省

帰省

 

 

こんにちは。

お正月休みに地元 北海道に数日帰省したのですが

 

 

仏画「倶利迦羅龍王」を納品させて頂きました

 

北海道千歳市の大禅寺様にお伺い致しました。

 

 

千歳駅から車で10分…
長都(おさと)駅から徒歩15分ほど…

 

まっっすぐな道を歩いた場所にあります。

 

 

広い境内の中、大きな本堂がありました。

 

本堂の中には不動明王三尊像が並び、

 

 

その横に作品を飾って頂いておりました。

 

 

 

 

 

 

改めてお客様のお手元に納められた姿を観ると

 

言葉にできない喜びを感じます。

 

 

 

また大禅寺様には
仏画の師である斉藤侊琳先生の「十六羅漢像」が納められております。

 

 

自分の地元で師の作品を拝見し、
同じ場所に自分の作品を納品させて頂いて…

 

 

 

本当に不思議なご縁であり、
恐縮に思います。

 

 

 

また頑張ろう、と思った1日でした。

 

 

 

北海道にいらした際は
ぜひ参拝に立ち寄られ下さいませ^ ^

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

…ところで
帰札した際、

 

 

小学校から高校までずっと同じである
親友に会いました。

 

 

昔から冗談でも
早く人間国宝になりなさい、
と言ってくれます…

 

 

 

彼女にも彼女なりの悩みはあると思いますが
昔からさっぱりしていてかっこいい女性です。

 

 

 

なんだかんだ励まされております。
いつもありがとうね。

 

 

ではでは。

 

 

大聖護国寺様 客殿落慶法要

大聖護国寺様 客殿落慶法要

 

先日、師匠の関 侊雲先生と共に群馬県高崎市にあります

真言宗豊山派 大聖護国寺様の客殿落慶法要に出席させていただきました。

 

 

大聖護国寺様は関侊雲仏所がご本尊を修復し、

私が「桂昌院御尊像」「亮賢僧正ご尊像」の模写絵を納品させていただいたお寺様です。

 

 

 

法要にいらっしゃった来賓の方々、大勢の檀信徒様の前で絵の制作経緯、

証明書を頂いたこと事に関しましてのご説明もさせて頂きました。

 

 

 

開山800年を記念し完成された客殿、

大聖護国寺様は大変由緒のある歴史深いお寺なのですが、

 

自分が初めてお伺いしたときのまだ客殿もなく、

改装前の本殿、修復前の仏像の数々が並んでいる状態でしたので

 

その時のことを思い出し、これからさらにお寺を再興していくという

飯塚ご住職様の強い熱意に改めて感銘を受けました。

 

 

 

また再興のお手伝いをさせて頂いていることが本当にありがたく、

光栄なことに思います。

 

落慶法要に初めて出席をさせて頂き、

お寺様にとって、檀信徒様にとって仏像というのがどのような存在であるのか、

 

お寺様と檀信徒様の繋がりの深さを実際に感じさせていただきました。

 

 

 

このような貴重な機会を頂きました

大聖護国寺様、関 侊雲先生に改めて深く御礼を申し上げます。

 

 

大本山 護国寺 真光様、関 侊雲先生

 

 

 

大聖護国寺 飯塚ご住職様