菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

ふたとこ参り

ふたとこ参り、終わりました。
予想を超えて毎日100名以上の方々がご参詣にいらっしゃいました。
ご住職様、宮司様、関係者の皆様、お会いした皆様
ありがとうございました。

大聖護国寺 客殿「昇龍」彫刻パネル

ハトは八幡宮様のお印、
犬は桂昌院ゆかりということで大聖護国寺 様のお印

一週間実演させて頂きました。

群馬の空は高くてまぶしい…

大聖護国寺 本堂にて
桂昌院 寄進のご本尊不動明王と三十六童子

ふたとこ参りイベントにあわせて
期間限定の御朱印を制作させて頂きました。

八幡八幡宮にて いけばな展示
神々しいです…

大聖護国寺 書院にて
謹写させて頂いた「桂昌院像」「亮賢上人像」(大本山護国寺初代住職)「賢広上人像」(大本山護国寺2代目住職)

 

群馬県高崎市 大聖護国寺様にて

阿弥陀堂並びに書院落成記念法要にお招き頂きました。

 

完成した阿弥陀堂の夜のライトアップです。

 

 

 

 

阿弥陀堂内に奉納させて頂きました龍の天上画です。

本堂内のご本尊 不動明王

法要では宝生流淑宝会による能の奉納、
講談師 田辺銀冶さんによる「桂昌院伝」
など伝統芸能に触れさせて頂きました。
6月22日は綱吉公生母 桂昌院の御命日であり
合わせて法要式典が行われました。
歴史ある大聖護国寺様のこれからの歴史と共に歩む作品を制作させて頂きましたことは誠に光栄なことに存じます。
大聖護国寺 御住職 飯塚様、壇信徒の皆様
師匠の関先生に深く御礼を申し上げます。
更に精進を重ねて参る所存です。

法要にて配布いただきました冊子を掲載させて頂きます。

写真家 淺岡 敬史 様 が冊子を制作され、掲載のご許可を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ながの東急 個展 ありがとうございました。

6/6〜12  ながの東急 個展  無事終了致しました。
御高覧頂きまして誠にありがとうございました。
師匠、美術サロンのスタッフの方々、
またお花を贈って下さった方々、差し入れを下さった皆様、本当にありがとうございます。
お世話になっている方々や
SNSをみて長野や遠方からわざわざ会いに来てくださって方々がいらっしゃいまして、本当に嬉しく思いました。深く御礼を申し上げます。
このような貴重な機会を下さった関先生、
不馴れな自分に色々なことを教えて下さった
ながの東急 美術サロン スタッフの皆様に深く御礼申し上げます。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

師匠の関先生
お世話になっております高崎市大聖護国寺飯塚ご住職とご家族の皆様が来てくださいました。

第四回 侊心会 仏画教室 作品展

 
 
本日より四回目となります、侊心会 仏画教室の作品展を開催中です。
 
生徒と講師の仏画や龍を描いた作品を30点ほど展示致しております。
 
お時間がございましたら、是非お立ち寄り下さい。
 
 
 
 
 
「第四回 侊心会 仏画教室 作品展」
 
【日程】
令和元年5月27日(月)〜6月2日(日)
初日        27日(月) 14:00〜18:00
28日(火)〜1日(土) 10:00〜18:00
最終日       2日(日)10:00〜15:30
(入館は閉館30分前まで)
 
1日(土)・2日(日)仏画無料体験開催
色紙が無くなり次第終了となります。
 
【会場】
NHKみんなの広場ふれあいホールギャラリー
〒150-8001 東京渋谷区神南2-2-1NHK放送センター内
 
入場無料
 
【お問い合わせ】
侊心会 仏画教室
TEL  03-3793-5169
〒153-0051 東京都目黒区上目黒3-8-5 柳元ハイツ302
 
 
 
 

弥 栄

新しい時代は災害がないと良いですね…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日は毎年恒例の井波八幡宮 春季大祭のお手伝いをさせて頂きました。
今は各地でお祭りシーズンですね。

井波八幡宮は普段、人一人いない静かで厳かな社です。
雰囲気があって好きな場所のひとつです。
ではまた!

さくら

お久しぶりです。

最近は鳳凰の絹本画を制作させて頂いておりました。
お客様のお話しを聞き、
以前かいたものとは全く違うものに
試行錯誤しつつ描いております。
・・・・・・・・・・・・・・
富山にも春が来ました。

井波の近く、庄川と言う川に桜並木があります。

花筏が美しい。

この地域でとれた「金屋石」の採掘場跡も見えます。
金沢城再建にも使われた石みたいですね。
しめ縄がしめてあります。
更新が滞っており、申し訳ありません。。
また再来週!

天井画 奉納

龍の天井画
納品させて頂いた大聖護国寺様にて
取り付けられた天井画を見に行って参りました。
自分の作品が建物の一部、お寺様の歴史の一部になるということ…
なかなか実感が持てませんが
本当に光栄なことです。

法堂にある龍の天井画は
「法の雨を降らせる」と言う意味があり
円は井戸を表します。
こちらは阿彌陀堂内の納骨堂に
納めさせて頂きました。
掌には仏塔を持ち
龍の体が描く円は輪廻転生を
吽形は涅槃、悟りを意味し
三つの円は三業と三密(身口意)を
象徴します。
永代に渡り御遺骨を供養し御守り致しますよう、全霊をもってお祈り致します。
抜苦興楽精魂皆平等令冤霊導浄刹矣
全為先祖累代菩提供養
合掌
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今年も年賀状の季節がやって参りました。
去年に引き続き版画に挑戦です。

阿吽の双龍 納品

 

 

高崎市 大聖護国寺様

 

阿吽とは
阿は宇宙の始まり、
吽は宇宙の終り、

 

 

物事の始まりと終り
仏の教えを求め、悟りをひらく
生々流転、始まって歴史や人生が移り変わっていく様を言います。

 

また魔を祓い
門を守ります。

 

 

庫裏の正面玄関からすぐ見える位置に配置していただきました。

 

数年前よりお話を頂き、
画を設置する場所を作っていただいておりました。

大きさ270㎝×140㎝
和紙、墨絵でこのような大きさは
初めて描かせて頂きました。

 

 

私自身、学ぶことが多く、
大変勉強させて頂きました。

 

 

 

 

大きな挑戦をさせて下さった
大聖護国寺 飯塚様、関先生に深く御礼を申し上げます。