菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

大阪市 鴫野南之町 様 地車のぼり旗 制作

大阪市城東区  
鴫野南之町 様 地車の幟旗を制作。
だんじりの雰囲気に合わせて描かせて頂きました。

18日(土) 地車曳行にて
画像を送って頂きました。
だんじり祭は一度もみたことがないので
ぜひ拝見したいです。

全国の祭礼が中止になっているとのこと、
祭りの喧騒、屋台の匂い、花火の音…
少しでも早く復活して欲しいですね。

屋台欄間制作1 龍 粗彫り

屋台欄間の粗彫り中です。

ケヤキ、厚み5寸。
欄間としては立体彫りに近い厚みがあります。
面を取り方を考えつつ掘り進めていきます。

遅ればせながら…

あけましておめでとうございます。
お正月は
帰札しておりました。

札幌。
全然雪はなく…
旧友に会ったり…
お世話になっている仏具屋さんとおしゃべりしたり…

「倶利伽羅龍」画を納めさせて頂いた大禅寺様(千歳市)に遊びに行ったり…

アイヌのクリエイターさん(トイトイさん)にお会いしたり
致しました。
トイトイさんとはずっと前にfacebookで知り合っていたのですが
今回がはじめましてでした。
いまに続くアイヌの歴史、
松前のお話…
少しばかりですが勉強させて頂きました。


友人宅  ねこ。

懐かしい人達と
新しい出会いと
良い時間を過ごしました。
いつもブログを見てくださり
ありがとうございます。
本年も精進して参ります。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
菊池侊藍

ふたとこ参り

ふたとこ参り、終わりました。
予想を超えて毎日100名以上の方々がご参詣にいらっしゃいました。
ご住職様、宮司様、関係者の皆様、お会いした皆様
ありがとうございました。

大聖護国寺 客殿「昇龍」彫刻パネル

ハトは八幡宮様のお印、
犬は桂昌院ゆかりということで大聖護国寺 様のお印

一週間実演させて頂きました。

群馬の空は高くてまぶしい…

大聖護国寺 本堂にて
桂昌院 寄進のご本尊不動明王と三十六童子

ふたとこ参りイベントにあわせて
期間限定の御朱印を制作させて頂きました。

八幡八幡宮にて いけばな展示
神々しいです…

大聖護国寺 書院にて
謹写させて頂いた「桂昌院像」「亮賢上人像」(大本山護国寺初代住職)「賢広上人像」(大本山護国寺2代目住職)

大聖護国寺様 新聞記事

師匠の関 侊雲先生、菊池 侊藍がお世話になっております群馬県のお寺、大聖護国寺様について、先日上毛新聞に掲載されました。下記URLより記事が見られますので、よろしければどうぞご覧ください。

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/175744

龍天井画

群馬県高崎市の大聖護国寺様に納めた天井画について

衆議院議員の福田達夫先生がfacebookにてご紹介下さいました。

皆様宜しければ是非ともご覧ください。

 

福田達夫先生に厚く御礼申し上げます。

 

リンク

https://www.facebook.com/tatsuo.fukuda.9/posts/2458604184218381

 

群馬県高崎市 大聖護国寺様にて

阿弥陀堂並びに書院落成記念法要にお招き頂きました。

 

完成した阿弥陀堂の夜のライトアップです。

 

 

 

 

阿弥陀堂内に奉納させて頂きました龍の天上画です。

本堂内のご本尊 不動明王

法要では宝生流淑宝会による能の奉納、
講談師 田辺銀冶さんによる「桂昌院伝」
など伝統芸能に触れさせて頂きました。
6月22日は綱吉公生母 桂昌院の御命日であり
合わせて法要式典が行われました。
歴史ある大聖護国寺様のこれからの歴史と共に歩む作品を制作させて頂きましたことは誠に光栄なことに存じます。
大聖護国寺 御住職 飯塚様、壇信徒の皆様
師匠の関先生に深く御礼を申し上げます。
更に精進を重ねて参る所存です。

法要にて配布いただきました冊子を掲載させて頂きます。

写真家 淺岡 敬史 様 が冊子を制作され、掲載のご許可を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大聖護國寺様 天井画を取付けていただきました。

群馬県高崎市 大聖護國寺様に奉納させていただいた龍の天井画を取付けていただきました。

ご住職様が画像を送ってくださいました。

 

 

天井画を取付けていただいた阿彌陀堂は現在、建設中でまだ完成はしておりません。

大きさは一間×二間で、これほどの大きさの作品は初めて制作させていただきました。

お寺様の一部としてこの先何百年もご住職様、檀家様とともにあるということは誠に光栄なことです。

改めて飯塚ご住職様、師匠の関先生に感謝申し上げます。

阿彌陀堂が完成し、直に天井画を拝見するのが楽しみです。

 

(大聖護國寺)

〒370-0884 群馬県高崎市八幡町675-1