菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

第三回 日本木彫刻展開催のお知らせ

 この度、私が会員として参加させて頂いております、
日本木彫刻協会の
第三回目の日本木彫刻展を催し致します。

 

会期:平成30年9月20日(木)~9月24日(月)
時間:10:00~17:00
会場:上野の森美術館(別館ギャラリー)
〒110-0007東京都台東区上野公園1-2
展示作品:仏像彫刻 ・ 木彫刻・仏画
お問合せ先 日本木彫刻協会 事務局 TEL:03-3791-4426
ホームページ http://nmck.jp/

入場無料

 現代仏師や木彫刻師による新作等の出展がございますので、
仏像彫刻・木彫刻にご興味のある方は、ご家族やご友人をお誘いの上、
連休のお休みを利用してお越し頂ければ幸いです。

 私は作品2点を出品させて頂きます。

お時間御座いましたらご高覧宜しくお願い致します。
どうぞよろしくお願い致します。

お盆休み

富山は1ヶ月半ぶりに雨が降りました…

年中曇天がちな富山で今年は本当に珍しいです。

タツノコART展 開催中

タツノコART展 開催中

 

参加させていただいたタツノコプロさん公認コラボアート展、

タツノコART展が開催いたしました。

先日はレセプションパーティーがあり、

様々なアーティストの方々と交流させて頂きました。

普段は現代アートの作品を造られる方と交流する機会がありませんので

新鮮な刺激を頂きました。

 

私はガッチャマンとコラボをさせて頂きました。

「dragon go!」

水墨画/P40号

 

お隣の作品は水墨画家 立川瑛一朗さんの「誰だ」

鋭い筆の線で表現された大鷲の健がとても格好よく素晴らしいです…!

 

デザイナーの荒川リリーさん。かわいらしい絵と陶器で表現されたキャラクターが可愛いです!

リリーさんも気さくでとっても素敵な方でした!

 

 

 

 

また、作品のネット販売もギャラリーHPにてしております。

http://mdpgallery.thebase.in/4

(※一部金額等諸事情により、対象でないアーティストもいます)

 

23日まで開催中です。

栃木県天台仏教青年会 創立50周年祝賀会にて早描き実演

早描き実演

 

 

栃木県天台仏教青年会 様よりご依頼をいただき、

関侊雲仏所 所員の川端貴侊と菊池侊藍が早描きパフォーマンスを

創立50周年祝賀会のおめでたい席でご披露させていただきました。

 

 

密教に関わりの深い不動明王を川端貴侊が、

お祝い事に縁起の良い龍を菊池侊藍が描いております。

 

普段は時間をかけ繊細に制作する仏画ですが、

多くの方に仏画を知っていただきたいという思いから

短時間でご披露できる早描きを研究しております。

 

 

墨で荒々しく描く二人の様子を動画に致しましたので、宜しければご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=fjQ1HF5TtS0&list=PLFFlloCjuu5ukmF5J4nfhPMJIwZp85wFa

ご依頼を頂きました、栃木県天台仏教青年会の皆様には心より感謝申し上げます。

龍の天井画 制作 

龍の天井画 制作

 

ご依頼を頂き、

 

お寺の納骨堂の龍の天井画を描かせていただくこととなりました。

 

 

只今、下絵から制作中です。
寸法は約3m50㎝×約1m70㎝です。

(画像は実際の3分の1ほどの大きさの下絵です)

 

 

 

 

これほど大きな作品を手掛けるのは初めてですので

 

大変プレッシャーを感じると共にお寺様に何百年も残るものですので
とても光栄に感じます。

 

これから少しずつ制作過程を掲載させて頂きます。
ご覧いただけますと幸いです。

倶利迦羅龍 整理


「倶利迦羅龍」

細かく整理をしていきます

倶利迦羅龍王 粗彫り2

倶利迦羅龍王 粗彫り2

 

 

 

夜なべの作品。

 

倶梨伽羅龍王

 

前回、粗粗と形を出しました。

 

 

そして…

 

分かりにくいですが、

 

龍と利剣の間がかなり空きました。

また、上から細部を彫り込み、
鱗をいれ、

上から仕上げに入ります。

ではでは。

「六六変じて九九鱗となす」

「六六変じて九九鱗となす」

 

 

龍の鱗。

 

鱗も
最初から1枚1枚仕上げていくのではなく、まずは体の動きに合わせて
粗粗とおこしていき(粗彫り)、

そのあとに1枚1枚丁寧に
仕上げていきます。

 

 

アールの合う丸刀を使って彫り起こしていきます。

 

 

龍の鱗は中国故事において
(9×9)81枚あるとされます。

 

「九」は
中国の易では陽数(奇数)の極数であり「最高の徳」を表し、

 

また「九」の字源は
竜が体を折り曲げた形、
という説もあるそうです。

 

(→それますが…9月9日が「重陽の節句」と

言われるのも「陽数」が「重なる」からという理由です)

 

…ちなみにこちらの龍の鱗は千枚以上あります…

 

 

「六六変じて九九鱗となす」

 

というのは
鯉が龍に成長することをいいます。

 

鱗の数が(6×6)36枚(おおよそ)の鯉は
別名を「六六鱗」ともいうそう。

端午の節句にこいのぼりを飾るように

鯉は立身出世の象徴なのですね。

 

 

 

 

昔の方は色鮮やかで

人ほど寿命の長い鯉に神性を感じていたのでしょうか…

確かに池をゆったりと優雅に泳ぐ姿は

ほかの魚にはなく神秘的かもしれないですねー ^ ^

 

 

 

 

ではでは。