菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

秋、最近のお仕事

最近のお仕事です。

倶利伽羅龍の粗彫り。

大黒天仏画制作。

龍の目となるガラスをガラス作家さんに作っていただきました。

目を試し描き。
格天井彫刻18枚がもう少しで完成致します。

最近日暮れが早くなってきましたね。
蝉、ひぐらしの鳴き声から変わって
最近はトンボを見かけるようになりました。

円龍 正面龍1

正面龍(雌龍)
粗彫り途中です。

円龍16枚目

円龍 制作途中粗彫り 14枚目〜

 

円龍 粗彫り 

炎と夏の暑さと

凍てつく冬に響く稲妻

乾いた風と唐草が絡み付く

正面龍(女龍)
板彫りの正面顔は限られた厚みのなかでの表現が難しいとのことです。
高さを下げつつ、面を取りつつ
慎重に進めます。

「波濤」波龍彫刻

こんにちは。
前回投稿した波龍の完成作品がこちらです。
「波濤」

彫刻はクス、
額縁はケヤキ、
背景板は神代杉です。
荒れ狂う波間から天へと翔び立ちます。
こちらも無事に納品させて頂きました。
昨年と同じく今年も年末がすぐそこに来るように感じます。
また新しい作品に向けて真剣に向き合って参ります。

波龍彫刻、騎龍弁天

こんにちは。

 

最近のお仕事

 

 

波龍  透かし彫り彫刻です

 

こちらは「騎龍弁天画」水墨画の描き始め

 

 

 

あまり観かけない植物でしたが
探すと意外に近場にありました。

【木連理】夫婦龍彫刻レリーフ

夫婦龍 彫刻レリーフが完成致しまして、
納品させて頂きました。
彫刻材はクス、額はケヤキです。

「木連理」
とは
一本の木の枝が他の木の枝とくっついて、木目が同じになってしまっていること。
 
そこから、夫婦の深い契りを表す言葉としても使われます。
 

雌龍

お客様のもとへ

完成まで大変お待ちいただき
今年、お届けすることが出来ました。
新しい作品に挑戦させて頂き深く御礼を申し上げます。

上毛美山昇龍

 

先日、龍画の作品の納品にお伺い致しました。
上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)と昇龍をモチーフにした墨絵です。
遠くまで裾野を広げる雄大な赤城山と
湖と共にたたずむ榛名富士、
目の前にそびえる岩山、妙義山、
そして地上から天へ駆け昇る昇龍です。
こちらの絵はお客様のお家の玄関から入って目の前の白壁に飾らせて頂きました。
お家の顔とも言える玄関に飾っていただくというのは大変光栄なことと共に身が引き締まる思いです。
山を描いたことがほとんどなく
墨のみで表現する事の難しさを改めて感じた作品でございました。
また一つ新しい作品に挑戦させて頂き深く感謝を申し上げます。
誠にありがとうございました。

龍板画 烈々