菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

zekkeijapan 記事掲載

海外向けに日本を紹介するサイト
zekkei japanさんに紹介して頂きました。
ありがとうございます。

英語ですが宜しければ御覧くださいませ。

https://zekkeijapan.com/article/index/1266/?language=1/

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

旧年度はブログを見てくださり、ありがとうございました。
本年も精進して参りますので何卒宜しくお願い致します。

天井画 奉納

龍の天井画
納品させて頂いた大聖護国寺様にて
取り付けられた天井画を見に行って参りました。
自分の作品が建物の一部、お寺様の歴史の一部になるということ…
なかなか実感が持てませんが
本当に光栄なことです。

法堂にある龍の天井画は
「法の雨を降らせる」と言う意味があり
円は井戸を表します。
こちらは阿彌陀堂内の納骨堂に
納めさせて頂きました。
掌には仏塔を持ち
龍の体が描く円は輪廻転生を
吽形は涅槃、悟りを意味し
三つの円は三業と三密(身口意)を
象徴します。
永代に渡り御遺骨を供養し御守り致しますよう、全霊をもってお祈り致します。
抜苦興楽精魂皆平等令冤霊導浄刹矣
全為先祖累代菩提供養
合掌
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今年も年賀状の季節がやって参りました。
去年に引き続き版画に挑戦です。

阿吽の双龍 納品

 

 

高崎市 大聖護国寺様

 

阿吽とは
阿は宇宙の始まり、
吽は宇宙の終り、

 

 

物事の始まりと終り
仏の教えを求め、悟りをひらく
生々流転、始まって歴史や人生が移り変わっていく様を言います。

 

また魔を祓い
門を守ります。

 

 

庫裏の正面玄関からすぐ見える位置に配置していただきました。

 

数年前よりお話を頂き、
画を設置する場所を作っていただいておりました。

大きさ270㎝×140㎝
和紙、墨絵でこのような大きさは
初めて描かせて頂きました。

 

 

私自身、学ぶことが多く、
大変勉強させて頂きました。

 

 

 

 

大きな挑戦をさせて下さった
大聖護国寺 飯塚様、関先生に深く御礼を申し上げます。

下げこうべ

下げこうべ

 

 

下向きの龍は不吉とされる場合も
ありますが
「謙虚に頭を垂れる」という意味が
あります。

実るほどこうべを垂れる稲穂かな

大聖護國寺様 天井画を取付けていただきました。

群馬県高崎市 大聖護國寺様に奉納させていただいた龍の天井画を取付けていただきました。

ご住職様が画像を送ってくださいました。

 

 

天井画を取付けていただいた阿彌陀堂は現在、建設中でまだ完成はしておりません。

大きさは一間×二間で、これほどの大きさの作品は初めて制作させていただきました。

お寺様の一部としてこの先何百年もご住職様、檀家様とともにあるということは誠に光栄なことです。

改めて飯塚ご住職様、師匠の関先生に感謝申し上げます。

阿彌陀堂が完成し、直に天井画を拝見するのが楽しみです。

 

(大聖護國寺)

〒370-0884 群馬県高崎市八幡町675-1

第三回 日本木彫刻展開催のお知らせ

 この度、私が会員として参加させて頂いております、
日本木彫刻協会の
第三回目の日本木彫刻展を催し致します。

 

会期:平成30年9月20日(木)~9月24日(月)
時間:10:00~17:00
会場:上野の森美術館(別館ギャラリー)
〒110-0007東京都台東区上野公園1-2
展示作品:仏像彫刻 ・ 木彫刻・仏画
お問合せ先 日本木彫刻協会 事務局 TEL:03-3791-4426
ホームページ http://nmck.jp/

入場無料

 現代仏師や木彫刻師による新作等の出展がございますので、
仏像彫刻・木彫刻にご興味のある方は、ご家族やご友人をお誘いの上、
連休のお休みを利用してお越し頂ければ幸いです。

 私は作品2点を出品させて頂きます。

お時間御座いましたらご高覧宜しくお願い致します。
どうぞよろしくお願い致します。

お盆休み

富山は1ヶ月半ぶりに雨が降りました…

年中曇天がちな富山で今年は本当に珍しいです。