菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

1か月

こんにちは。

 

先月まで富山におりましたが

東京に来てはや1ヶ月です。

 

が、今までになく色々な経験をさせて頂き、

若干 頭と体が付いていけてないところもありますが

 

日々、勉強です。

 

今まで1,2か月東京で仕事させていただいたことはありましたが、

今回は半年以上になります。

 

自分の仕事も頑張りつつ、

 

ここでしか見れないもの、

行けないところ、

会えない人に会いに行こうと思います。

 

上に向かって頑張ろう。

 

倶利伽羅龍王 粘土原型

俱利伽羅龍王 粘土原型

 

今月からしばらく東京にて仕事をさせて頂いております。

夜なべですが、

何度か仏画として描かせていただいた
「倶利伽羅龍王」を彫刻で作りたいと思い、

只今、粘土制作中です…。

絵やレリーフと違い、360度形を造っていきますので、
どの方向から見ても格好よいものを造る難しさを実感しております。

仙台へ

仙台へ

先日、師匠の関 侊雲 先生が制作された仏像の納品に同行させていただきました。

場所は東日本大震災で甚大な被害を受けた閖上地区近くにあるお寺です。

 

納品された釈迦如来像(本体1尺5寸)

 

 

 

納品された場所はご住職様が震災後に新たに建設された「みんなの寺子屋」という建物です。

 

 

実際に被害に受けた場所に連れて行っていただき、

現状をみて参りました。

 

閖上地区はほとんどはがれきなどは撤去され、新しい道路や家が整備されている場所もありましたが、

お墓、海水の浸みた田畑は手付かずの状態で

「復興にはまだほど遠い」とニュースなどで聞いてはいたものの

まだまだ爪痕が残っていることを目の当たりにしました。

 

 

今回、大きな仕事に関わらせていただき、

ご住職様の想いをお聞きし、

自分がさせて頂いている仕事の

仏師・仏画師という職業、芸術家という職業の意義を改めて考えさせていただく、

大きな機会を頂きました。

 

関先生がいつもおっしゃられている、

 

ひとつも手の抜けない命を懸ける仕事、

 

お医者様に救えない思いをお救いするしごと

 

だということを改めて考える日でした。

 

桂昌院肖像画制作

関侊雲仏所 所員 菊池侊藍が大聖護国寺様(群馬県高崎市)より依頼を受け、

真言宗豊山派の総本山長谷寺様に伝わる桂昌院の肖像画を模写し、

長谷寺様よりその証明書を頂きました。

 

長谷寺様 大聖護国寺様に厚く御礼申し上げます。

ラジオ出演のお知らせ

本日、関侊雲仏所 所員 菊池侊藍が

北日本放送 KNBラジオ<br>「でるラジ」内のコーナーにて<br>電話にて生出演させて頂きました。

北日本放送様に厚く御礼を申し上げます。

[radiko.jp] でるラジ│KNBラジオ│2017/06/20/火 12:30-16:00 http://radiko.jp/share/?sid=KNB&t=20170620141030

京都 善峯寺

ご縁がありまして、京都 善峯寺に行ってまいりました。

 

 

お世話になっている大聖護国寺のご住職様がお誘いくださり、

師匠の関先生とお伺いいたしました。

 

 

 

善峯寺は昔の長岡京を通り山奥の山奥にあります。

 

 

境内がとても広く、すべて回るのに40分ほどかかりますが、

素晴らしい絶景で

上からは京都の町を一望することができます。

 

 

この善峯寺は

 

 

3代将軍 徳川家光の側室であり、5代将軍綱吉の生母である、

桂昌院ゆかりのお寺なのです。

 

 

といいますのも、

 

 

善峯寺は応仁の乱で一度大半の伽藍が消失してしまったのですが、

江戸に入り、桂昌院が改建し、多くの建物を寄進されたからだそうです。

 

 

 

建物のほかに多くの桂昌院ゆかりの品々が展示されており、

実際に生きていらっしゃたんだなぁ・・・と肌で実感致しました・・・

 

 

 

↑日本一の「遊龍松」

解りにくいですが幹が地面に横たわり、

龍のように長く生えております。

 

「龍」繋がりで一緒に写真を撮っていただきました・・・!

 

 

そして大聖護国寺 ご住職様と写真を撮らせていただきました。

本当に良い経験をさせて頂きました。

 

 

西山 西国第二十番札所ということで参詣している方々がいらっしゃいましたが、

京都市内ほど人が多くないので

素晴らしい自然をゆっくり楽しめて、とてもすてきな場所です・・・!

春夏秋冬いつでも絶景だと思います・・・

 

ぜひおすすめです(^^)

「陣龍」

「陣龍」

 

 

 

 

個展にて展示しておりましたが、改めて完成した画像を掲載いたします。

 

重厚感のある額縁に入れ作品全体が締まりました。

 

 

「陣龍」

 

 

暴雨の中で微動だにせず、毅然と漂う龍。

 

 

あらゆるものが渦巻く世の中で龍のように誇りをもって生きられたならば…

 

 

 

 

 

制作過程の記事↓

http://ameblo.jp/kikuchiai1/entry-12208770011.html

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

先日、富山県水墨美術館にて

富山県南砺市出身の日本画家 石崎光瑤(いしざきこうよう)の

企画展の見に行ってまいりました。

描かれる動植物の鮮やかさはもちろん、

鳥の表現が本当にうつくしく、

羽毛、顔つき、色合い、グラデーション・・・

本当に柔らかく、きれいでした。