菊池侊藍 公式ブログ 龍を極める 龍の作品を中心に木彫刻、仏像彫刻、仏画の勉強をしております

倶利迦羅龍 整理


「倶利迦羅龍」

細かく整理をしていきます

倶利迦羅龍王 粗彫り2

倶利迦羅龍王 粗彫り2

 

 

 

夜なべの作品。

 

倶梨伽羅龍王

 

前回、粗粗と形を出しました。

 

 

そして…

 

分かりにくいですが、

 

龍と利剣の間がかなり空きました。

また、上から細部を彫り込み、
鱗をいれ、

上から仕上げに入ります。

ではでは。

「六六変じて九九鱗となす」

「六六変じて九九鱗となす」

 

 

龍の鱗。

 

鱗も
最初から1枚1枚仕上げていくのではなく、まずは体の動きに合わせて
粗粗とおこしていき(粗彫り)、

そのあとに1枚1枚丁寧に
仕上げていきます。

 

 

アールの合う丸刀を使って彫り起こしていきます。

 

 

龍の鱗は中国故事において
(9×9)81枚あるとされます。

 

「九」は
中国の易では陽数(奇数)の極数であり「最高の徳」を表し、

 

また「九」の字源は
竜が体を折り曲げた形、
という説もあるそうです。

 

(→それますが…9月9日が「重陽の節句」と

言われるのも「陽数」が「重なる」からという理由です)

 

…ちなみにこちらの龍の鱗は千枚以上あります…

 

 

「六六変じて九九鱗となす」

 

というのは
鯉が龍に成長することをいいます。

 

鱗の数が(6×6)36枚(おおよそ)の鯉は
別名を「六六鱗」ともいうそう。

端午の節句にこいのぼりを飾るように

鯉は立身出世の象徴なのですね。

 

 

 

 

昔の方は色鮮やかで

人ほど寿命の長い鯉に神性を感じていたのでしょうか…

確かに池をゆったりと優雅に泳ぐ姿は

ほかの魚にはなく神秘的かもしれないですねー ^ ^

 

 

 

 

ではでは。

 

彫刻 倶利伽羅龍 粗彫り

彫刻 倶利伽羅龍 粗彫り

 

こんにちは。

ブログの更新をすっかり怠っており、
いつも見ていただいている方には
本当に申し訳ありません。

いつの間にか年末になっておりました…。

 

東京は最近、晴れの日が続いております。

富山は快晴でも
霞がかった青灰色ですので

久しぶりの青々とした空につい見入ってしまいます。

きれいだなぁ…

休みの日はなるべく外に出るようにしていますが、

生き物として太陽の日を浴びることは

大事なことだなぁと

つくづく思います。

光合成をするように
太陽のエネルギーを吸収するのです…

 

さて

夜なべで制作している彫刻
「倶利伽羅龍王」は
形はほぼ出来まして、
細かい部分を造っております。

↑ちょっと前の粗彫りの状態

中の形を整えるのに時間がかかります。

粘土原型の時点で
彫るときのことを全く考えずに造りましたので、
余計苦戦していますが

どう彫ろうか、
道具から新しいものを作った方が良いか、
と色々考えて
やりがいがあります。

また制作模様を掲載させて頂きますね^ ^

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ところで

こちらにきてから

逢いたい方にお会い出来て
行きたいところに行けて

本当に本当に嬉しい限りです
が、

それを上回り
この半年はちょっと、疲れました。

がしかし

そんなことを言っている場合でもなく

世の中は流れ、
誰も待ってはくれないのですー。

 

…せめてお正月だけ「骨休め」をして
また立って歩かないとですね。

 

また
自分の内面も置かれている状況も

他人様には全く関係のないことですので…
もちょっとカンペキに立ち振舞わないとです。

 

あまり考えすぎず

かといって思考を停止せず

自分の目的を忘れず…

 

来年も歩きます!

彫刻 倶利伽羅龍 〈粗取り〉

彫刻 倶利伽羅龍 〈粗取り〉

 

夜なべで制作中の作品、

倶利伽羅龍の粘土原型が完成し
粗取りに入りました。

材はクスノキです。

図面を写し、

大きく取れる部分を
鋸で落とします。

 

井波では機械でパパッと落としていたので

今更ながら機械の有り難みに気付きました…

(ですが鋸の方が断然おが屑が出ず材料がムダにならない、ことにも気付く)

 

↑大まかに粗取りを終えました。

さすがに汗びっしょりです…

粘土原型をみながら

粗彫りに入ります。

四角く取っていくのではなく

斜めに取っていく、

とご指導頂きます。

少しずつ龍の形になって参りました。

また次回。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

先日、

TBSさんの番組に出演させて頂くという

大変貴重な機会を頂きました。

テレビの収録の現場を体験し、

他の職人さんとお話しし、

良い刺激を頂きました。

個人的には

自分の伝えたいことをもっと的確に伝えられるようにならなければ…

と思いました…。

自分にこのような機会を頂いた関先生に心より感謝申し上げます。

↓ご一緒した皆さんと。

伊勢根付師の 梶浦明日香さん

西陣織職人の  佐々木英人さん
(りんどう屋さん)

同じく西陣織職人の 冨山華菜さん

落語家の  三遊亭じゅうべえさん

皆さん気さくで素敵な方々でした^^

…ちなみに色々な方に聞かれましたが

x japanは本当に好きなんですー
 

1か月

こんにちは。

 

先月まで富山におりましたが

東京に来てはや1ヶ月です。

 

が、今までになく色々な経験をさせて頂き、

若干 頭と体が付いていけてないところもありますが

 

日々、勉強です。

 

今まで1,2か月東京で仕事させていただいたことはありましたが、

今回は半年以上になります。

 

自分の仕事も頑張りつつ、

 

ここでしか見れないもの、

行けないところ、

会えない人に会いに行こうと思います。

 

上に向かって頑張ろう。

 

倶利伽羅龍王 粘土原型

俱利伽羅龍王 粘土原型

 

今月からしばらく東京にて仕事をさせて頂いております。

夜なべですが、

何度か仏画として描かせていただいた
「倶利伽羅龍王」を彫刻で作りたいと思い、

只今、粘土制作中です…。

絵やレリーフと違い、360度形を造っていきますので、
どの方向から見ても格好よいものを造る難しさを実感しております。

京都 善峯寺

ご縁がありまして、京都 善峯寺に行ってまいりました。

 

 

お世話になっている大聖護国寺のご住職様がお誘いくださり、

師匠の関先生とお伺いいたしました。

 

 

 

善峯寺は昔の長岡京を通り山奥の山奥にあります。

 

 

境内がとても広く、すべて回るのに40分ほどかかりますが、

素晴らしい絶景で

上からは京都の町を一望することができます。

 

 

この善峯寺は

 

 

3代将軍 徳川家光の側室であり、5代将軍綱吉の生母である、

桂昌院ゆかりのお寺なのです。

 

 

といいますのも、

 

 

善峯寺は応仁の乱で一度大半の伽藍が消失してしまったのですが、

江戸に入り、桂昌院が改建し、多くの建物を寄進されたからだそうです。

 

 

 

建物のほかに多くの桂昌院ゆかりの品々が展示されており、

実際に生きていらっしゃたんだなぁ・・・と肌で実感致しました・・・

 

 

 

↑日本一の「遊龍松」

解りにくいですが幹が地面に横たわり、

龍のように長く生えております。

 

「龍」繋がりで一緒に写真を撮っていただきました・・・!

 

 

そして大聖護国寺 ご住職様と写真を撮らせていただきました。

本当に良い経験をさせて頂きました。

 

 

西山 西国第二十番札所ということで参詣している方々がいらっしゃいましたが、

京都市内ほど人が多くないので

素晴らしい自然をゆっくり楽しめて、とてもすてきな場所です・・・!

春夏秋冬いつでも絶景だと思います・・・

 

ぜひおすすめです(^^)